ドローン観光事業

地域や観光地が持つ魅力をドローン空撮で発信する

観光を楽しみ、地域の魅力を発信するドローン空撮ツアー

ドローン撮影:空撮を楽しんでもらうことが地域や観光地の魅力発信につながる

ドローンを持って旅をすると、その地域や観光地をいつもの何倍も楽しむことができます。その地域をいろいろな角度から撮影したり、絶景の中にいるジブンを撮影したりすることで、地域や観光地のいろいろな新しい魅力を発見するきっかけにもなりうるのです。そして、楽しんでもらえればもらえるほど、その「楽しさ」はSNSを通じて新しいコミュニティに魅力が発信されます。この「ドローンを片手に旅を楽しむ」と「地域・観光地の新しい魅力を知ってほしい」がつながるのが『ドローン空撮ツアー』の特徴です。

ドローン撮影:空撮初心者向け講習やドローンレンタルも対応

ドローンを初めようとしても、なかなか簡単にはいかないものです。また、ちゃんとドローン撮影:空撮をしようとすると、ドローンの価格もそれなりになってしまい、興味はあっても持っていない人はたくさんいます。『ドローン空撮ツアー』では、ドローンエモーションの4年以上のドローンスクール講師によるレクチャーはもちろん、ドローンを持っていない人にも楽しんでもらえるようにレンタル機体も用意しています。ドローン×SNS発信力を活用できる環境をワンストップで提供します。

安全と楽しさを両立させる仕組みを提供します。

マイクロインフルエンサーを招待して地域や観光地の魅力発信!

今、旅先を探す方法はSNSです。TVや雑誌よりも、フォローしているInstagramer(インスタグラマー)などが発信した魅力的な写真や動画を見つけて、自分もそこで「映える」写真や動画を撮りたい…と旅行に行く人が増えています。SNSのフォロワーを多く抱えたインフルエンサーを地域に招待してドローンで新たな地域の魅力を発見&発信してもらうと、旅先を探すユーザーに地域の魅力を伝えることができます。しかも、ドローンでありきたりでない地域の新しい魅力(=SNS映えするので行きたくなる)を伝えることができるのです。

コンプライアンスを徹底。各法律に対応して必要な手続きにも対応いたします。

ドローン撮影:空撮をするには、改正航空法以外にも民法や道路交通法、個人情報保護法などドローン空撮のフライトには守らなければならないさまざまな法律があります。日常業務やドローンスクールでのレクチャーで培った法令や安全に関する知識・ノウハウを活用し、法令遵守はもちろん、初心者でもドローンを安全に楽しめる環境をプロデュースします。その「楽しさ」が、よりSNSへの魅力的な発信につながっていきます。

ドローン空撮ツアーの事例

静岡県『ドローンジェニックな旅をしよう!in 静岡県』開催

マイクロインフルエンサーを地域に招待してドローン撮影会を開催、地域の魅力を発信してもらうシリーズ。2018年からすでに3回開催、2020年も開催予定です。
駿河湾に飛び出した不思議な丸い輪っかの岬「大瀬崎」や絶景浜名湖畔の遊園地「浜名湖パルパル」、彫刻作品とコラボ撮影「クレマチスの丘」など、静岡県各地のドローン映えする絶景地で撮影会を実施。ドローン初心者にはレクチャー&レンタルドローンも提供。マイクロインフルエンサーの方々の発信だけでなく、多くのメディア(NHK静岡、新聞社等)にも取り上げられました。

伊豆の魅力を発信!静岡県主催「ドローンで巡る伊豆の旅」
ドローン初体験!静岡県主催 「ドローンジェニックな旅をしよう in 静岡県」

茶源郷 京都和束町『ドローンジェニックな旅をしよう!in 和束町』開催

一面お茶畑が広がる町 茶源郷 和束町(京都府)にて、マイクロインフルエンサーを地域に招待してドローン撮影会を行う『ドローンジェニックな旅をしよう!in 和束町』を開催。宇治抹茶の主要生産地である和束町のお茶畑を使って「絶景×ジブン」をテーマに撮影会を開催。全国的にもめずらしいすり鉢状の「円形茶畑」での撮影も。また、お茶の名産地ということで昼休みの「和束茶のおいしいいれ方講座」も開催。お茶を絶景と美味といろいろな角度から楽しみ、SNSでその「楽しさ」を発信してもらいました。

京都府和束町で「ドローンジェニックな旅をしよう in 茶源郷 和束町」開催
地域の絶景で町おこし「ドローン×地方創生」最前線
『ドローンジェニックな旅をしよう in 茶源郷 和束町』イベントレポート

お問い合わせ・ご相談はこちら

Contact Us
Copyright 2020 Dron é motion Co.,Ltd